斉木楠雄のΨ難 (1)

コーヒーゼリーがもらえるときいて